1000002080

北村優⽻が語る、グラビア撮影へのやりがいと楽しさとは?


自分をさまざまな表情で表現できるって、本当に楽しいですよね。北村優⽻さんの魅力がいっぱい詰まったグラビア、見てみたいです!

2023年12月に昇格し正規メンバーになったNGT48、3期生の北村優⽻さん。2024年2⽉28⽇発売のPlatinum FLASHで⼈⽣2度⽬の⽔着グラビアに挑戦した彼女に、昨年を振り返ってもらいつつ今年の抱負を聞いた。

【写真】NGT48、3期生の北村優⽻さんが2度目のグラビアに挑戦、意気込みを語った

■「私のグラビアで新たなNGT48を知っていただけたらいいなって思います」

――早速ですが、「サマーコンサート2023」で昇格が発表、12月に昇格されました。昇格が決まったときの気持ちを聞かせてもらえますか。

昇格を目標に頑張ってきましたので、率直にすごくうれしかったです。でも、しっかりできるかなっていう不安がちょっとだけありました。正規メンバーとしてコメントを求められてるときとかに、すごく責任を感じます。

今までは先輩がいて私たちがいるという感じだったんですけど、これからは正規メンバーとして、もっと自分に何ができるかを考えてたくさん動けたらいいなって思いますし、もっともっと前に出ていけたらいいなって。

――北村さんにとっての2023年は昇格が一番大きな出来事でしたね。そして2024年は週刊プレイボーイ(集英社)に続き、Platinum FLASH(光文社)と2度目のグラビアに挑戦されました。グラビアを始めようと思ったきっかけを教えてください。

まずはグラビアに興味ある?と聞かれて、ありますって答えました。以前からグラビアはけっこう見ていて、とくに頓知気さきなさんのグラビアには憧れてました。もともと、NGT48が好きだったので雑誌で推しが出ているとグラビアを見たりとかしてました。(中井)りかさんと頓知気さきなさんの写真集は持っています。(本間)日陽さんの2nd写真集も買いまして、白ニット&ピンクランジェリーのページがすごくお気に入りです。

今のNGT48の中でグラビアをたくさんやってらっしゃる先輩があまりいないですし、NGT48=グラビアのイメージがまだあんまりないので、私のグラビアで新たなNGT48を知っていただけたらいいなって思います。

――グラビアの最初の撮影に向けて、準備したことはありましたか。

普段見せない部分まで見せるので、劇場に来てくださっているトレーナーさんにトレーニングを組んでもらいました。鎖骨がうまくでるようにとか、脚が自分的に悩みだったので、脚のストレッチとかをめっちゃたくさん教えていただいて、むくみを取るとか肩の可動域を広げる、肩甲骨を開くためのトレーニングをいっぱいしました。

――グラビアはいろいろな動きが必要になってくるので、単純にならないように表現しなきゃいけないということで準備をたくさんされたんですね。ほかにも気を使ったことはありましたか。

アイスが好きでけっこう頻繁に食べてたんですけど、身体を絞るためにアイスをやめたりとか、エステに行ったりしました。

――グラビアの撮影中に意識したことはありましたか。

いろいろなグラビアを見てはいたんですけど、あまり先入観がないほうが自分らしさが出るかなと思って深くは見ていかないようにしました。実際の撮影では、今まで生きてきたなかで使ったことない体の動きとかして、こんなところまで使ってグラビアを撮ってるんだなって思って、本当に深いなって思いました。

■「今まで嫌いだった部分も逆に活かして好きになればいいなって」

――グラビアの撮影1回目が終わって、2回目を迎えたわけですけど、短い間でも自分のなかで成長できたと感じた部分はありましたか。

前回よりも緊張しなくて、楽しみだなっていう気持ちで撮影に臨んだんですけど、実際すごく楽しかったです。グラビアは型がないので何でも表現できるし、いろいろな自分が見せられるところが楽しいなって思って。

ほかの方のグラビアの見方も変わりました。今まではかわいいなとかすごく綺麗だなとか、そういう感じでしか見てなかったんですけど、こういうやり方があるんだとか、そんなふうに見るようになりました。みなさんの自然な表情もいいなって思って見てましたが、自分がやってみて自然な顔を見せるというのが難しいことだということがわかって、よりすごいなって思いました。グラビアをやる前よりも、見るのも数倍グラビアが好きになりました。

――グラビアにおける北村さんの強みって何だと思いますか。

まだ模索中です。これから見つけていきます。上か下かと言われればお尻が自慢です(笑)。

お尻がちょっと大きいかなってこれまでは悩みでもあったんですけど、今まで嫌いだった部分も逆に活かして好きになればいいなって。

――自分でこんな表情をするんだという発見はありましたか。

Platinum FLASHさんで撮影したグラビアは前回よりも大人な表情ができたかなって思ってて。大人の表情は自分でも自分がわかんないみたいな感じなんですけど、うまくできたので不思議だなって思いました。

――2024年はグラビアの仕事も増えていきそうですね。どんな1年にしたいと思っていますか。

まだ自分のことをわかりきってない部分もちょっとあるので、まず自分のことを知って、自分の魅力を人に伝えていきたいです。少しずつ自分に向いてることとかも見つけてって、もっともっと北村優⽻を知ってもらう1年にしたいなって。

――NGT48のアイドルとしては昇格して正規メンバーにもなりました。

研究生時代から、けっこうセンターに立たせてもらう機会が多かったのでセンターじゃなきゃ嫌だとかそういうのではないけど、やっぱりセンターにいるときのファンの方のうれしそうな顔とかを見ると、センターが似合う人でありたいかなって思います。

――中井りかさんが昨年に、そして今年3月に本間日陽さんがグループを卒業されますが、北村さんはどんな存在になりたいと思っていますか。

ファンの方もきっと新しく変わっていくNGT48に付いてきてくれていると思いますが、昔のNGT48しか好きじゃないファンの方にも、今のNGT48を応援したいって思ってもらえるように頑張りたいです。今まで先輩方が築いてくださったものを残しつつ、いい意味で私たちから変えていけるように新しくなっていけたらいいなって思います。推しがいなくなっても応援したいって思ってもらえるグループにしたいです。

――最後にファンにメッセージをお願いします。

2023年に昇格をさせていただいて、2024年になって数カ月の間でも少しずつ気持ちの変化があってアイドルしてるのが今すごく楽しいので、これからもみなさんと一緒に充実した時間を過ごせたらうれしいです。ありがとうございました。

撮影・取材・文=野木原晃一


2023年12月に昇格し正規メンバーになったNGT48、3期生の北村優⽻さん


(出典 news.nicovideo.jp)