1000002100

「熱愛中の伊野尾慧と雪平莉左」に見る、三田モニカが教える「レアな相性」とは?


画像提供依頼:グラビアアイドルとして活動中の写真の画像提供をお願いします。(2023年6月) 雪平 莉左(ゆきひら りさ、1994年〈平成6年〉6月17日 - )は、日本のグラビアアイドル、タレント、ラウンドガール、モデル、元レースクイーン。愛知県豊田市出身。旧名義は葉月 えみり(はづき…
84キロバイト (12,267 語) - 2024年2月24日 (土) 16:22


どんなシチュエーションでも機転を利かせる伊野尾慧と、クールな雰囲気を漂わせる雪平莉左の化学反応がどんなふうになるのか、楽しみです!

 今回は、熱愛報道され、注目を集めているHey! Say! JUMPの伊野尾慧さんと、雪平莉左さんの2人について占ってみたいと思います。

 今回使用するのも、ホロスコープのダブルチャート。2人のホロスコープを出し、組み合わせることによって相性などを見る占法です。ホロスコープというのは、西洋占星術に欠かせない星の配置図のこと。その人が生まれた瞬間に、どの星がどの場所に位置していたかを見ます。それを分析することにより、その人の性格や人生、意識、好み、価値観、才能、恋愛、仕事等、詳細がわかるとされているのです。また、過去・現在・未来についても占うことができます。今回も、2人のホロスコープと重ね合わせて分析。では、さっそく相性を占っていきましょう。

 2つのホロスコープを見て驚いたのですが、主要な星は太陽と月以外、一つしか角度を持っていません。本来なら、お互いに興味を抱きにくいはずなのです。とりわけ、情熱や性愛、欲望を表す火星の角度がゼロ。熱愛中なのが不思議なくらいです。それなのに惹かれ合った理由は、主に太陽と月にありました。何と2人の太陽が、ほぼ重なっているのです。

 伊野尾さんは太陽が蟹座、つまり蟹座生まれ。対して雪平さんの太陽は双子座で、双子座生まれということになります。このように星座は異なる2人ですが、太陽同士の角度がほぼ0度なのです。この0度という角度、2つの星のエネルギーが互いに融合し、強め合うという働きをします。太陽は西洋占星術において、最も重要な星であり、ずば抜けた影響力をもつ強大な星。その人の性格や人生、生き方などを表す星なのです。それが重なり合い、互いのエネルギーを増幅しているのですから、強烈な磁力で惹かれ合ったのは納得できます。

 さらに、伊野尾さんの月も雪平さんの太陽と0度という角度を取っています。月は、その人の感情や好みなどを表す星。おそらく伊野尾さんは、雪平さんの人柄や価値観、人生観に共感を覚えただけでなく、感覚的にも「この人が好き!」と直感したでしょう。ただし、雪平さんの月は、伊野尾さんの太陽と90度という不和の角度を取っています。これがこの相性の面白いところ。伊野尾さんにとって雪平さんは、丸ごと受け入れ、認めることができる相手でしょう。ところが、雪平さんは伊野尾さんの性格を好ましいと思いながらも、感覚的にズレていると感じることがあるのではないでしょうか。

 こうしたボタンの掛け違えも見受けられる人の相性ですが、不和の相性は時として、相手をどうしても支配したり征服したりしたくなる働きをするのです。たぶん、雪平さんもそうでしょう。伊野尾さんを思い通りにしたい、無理にでも自分だけのものにしたいと強く想っているはずです

 では、恋愛相性が良くないのかと言えばそうではなく、伊野尾さんの金星と雪平さんの月が120度という調和の角度を取っています。金星は愛の星。おそらく雪平さんの好みに、伊野尾さんはピッタリだったのでしょう。ただし、恋愛に結び付く角度はこれだけ。それゆえ、この2人の相性はレアだと言えるのです。そして…愛の星・金星の作用が弱いということは、この2人の恋愛関係も永遠ではないと言わざるを得ないのです。

(三田モニカ)

8月1日生まれ。獅子座。A型。占術家。アロマテラピーアドバイザー。早稲田大学第一文学部西洋史学科卒業。占い情報誌の編集プロダクションを経て独立。西洋占星術、血液型診断、タロット等のロジックを応用した開運術を提唱。著書に「A型人間の頭の中」「B型人間の頭の中」(いずれも青志社)など。

アサジョ


(出典 news.nicovideo.jp)